立川駅すぐ国立駅、八王子駅エリア | 美容室HAIR FIELDのシャンプーの界面活性剤について、Part.3

  • facebook
  • twitter
  • ameblo
店舗情報はこちら
HAIR FIELD(ヘア フィールド)|立川駅南口徒歩1分の美容室
  • mixiチェック

シャンプーの界面活性剤について、Part.3

■2017/02/09 シャンプーの界面活性剤について、Part.3
今回は石鹸系界面活性剤のことを記載させていただきます。

その前にPart2のアジの実験結果ですが液体石けんのアジは、7分経っても元気で石けんカスを食べています。
石鹸カスは家畜のエサと同じ成分で、川や海に流れても微生物のエサとなって生態系の循環に寄与することがわかりました。


界面活性剤は大きく石油系と天然系に分けられ、石鹸系界面活性剤は天然系に分類されます。

原料に天然素材を使用しているものが多く、アレルギーが起こりにくいので安全性が高いです。
環境汚染にもならないので、地球環境にも優しい界面活性剤で低価格で購入することができ、全身に使用することができます。

洗浄力が強いため脂性の方にオススメです。
同じく洗浄力が強い高級アルコール系のシャンプーに比べ頭皮への刺激や負担が少ないため、低刺激で洗うことができます。
低刺激なわりに、洗い上がりの爽快感を得られるのもポイントです。
爽快感が好きな方脂性の肌質の方や日常的に汗をよく掻く方にもオススメです。
 
石鹸系シャンプーでは、
無添加のものがほとんどで髪をコーディングするシリコン等が配合されていません。
そのため、シャンプー後は髪のパサつきやキシみが出やすく泡立ちが悪く使い心地がよくないため、慣れるまでに時間がかかります。
洗浄力が高いため過剰に皮脂をとりすぎてしまい乾燥・敏感肌などの皮脂が少なめの肌質の方は使用を控えましょう。
また、カラーも落ちやすくなってしまうのでカラーリング後の使用は控えた方がいいです。

頭皮や髪は弱酸性となっています。
しかし石鹸シャンプーはアルカリ性です。
髪がアルカリ性に傾くとキューティクルが開き、髪のごわつきやキシみにつながってきます。
アルカリ性に傾くてしまった頭皮や髪はクエン酸や食酢などの酸性で中和します。
中和せずに頭皮のpH値を崩れたままにすると、雑菌が繁殖し頭皮炎症や肌トラブルになりますので、pH値を正常に保つために中和は必ず行いましょう。
また、石鹸カスが残りやすく、フケやかゆみの原因になってきます。
石鹸シャンプーを使用する場合は、予洗いと十分なすすぎが必要となってきます。


次回はアミノ酸系界面活性剤についてお話をさせていただきます。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ヘアフィールド
http://www.hairfield.tokyo/
住所:〒190-0023
東京都立川市柴崎町3-4-17花伝ビル5F
TEL:0425-25-2535
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
  • メニュー
  • G-UP非常識ストレート
  • トリートメントカール
  • 飲むプラチナ取扱店

HAIR FIELD
【 住所 】東京都立川市柴崎町3-4-17 花伝ビル5F
【 tel 】042-525-2535
【 受付時間 】10:00 ~ 19:00
【 定休日 】火曜日、第二・三水曜日
>>店舗詳細はこちら
PAGE TOP